相続税申告

相続税額は、財産評価や特例の選択で税額が変わります。

いったん選択適用した規定のやり直しはできません。

相続税は、税理士としての手腕が最も発揮できる税目です。

2以上の計算方法がある場合には、説明のうえ選択適用します。

適用でき得るすべての優遇規定をご提案します。

納付すべき相続税額が最も少なくなる方法をご提案します。

生前の相続対策もご提案します。

 
最近の相談事例
・将来の相続税が不安
・相続税額はいつまでにどのくらい支払うことになるのか
・農地、同族株式を取得した場合の納税猶予と免除
・事業を後継者にスムーズに引き継ぐ方法
・自社株の相続税評価
・相続人の一人が所在不明の場合の申告
・将来、相続が争族にならないために・・
・相続税、所得税の節税を考慮しての遺産分割
・離れて暮らしていたのでどこにどれだけの財産があるのか皆目見当がつかない
・親族関係が複雑で相続人が誰かわからない
・借金ばかりでたいした財産もないから相続税は関係ないと思う
・固定資産税は払っていたようだが、どの場所にあるか不動産の所在が不明
・別居中の夫が、妹に全財産を取得させる旨の遺言を残して亡くなった
・胎児は相続人になれるのでしょうか
・海外に居住している相続人も相続税の納税義務があるのでしょうか
・父が死亡、祖父が死亡、母が死亡と今回相続税の申告は3回目になりますが、過去の申告書は必要でしょうか。
・遺産の分割でもめています。なるべく穏やかに解決したいのですが。
・主人の死亡保険金は子供に取得させ、私は不動産を取得したいのですが、契約上の保険金受取人が私になっていたため、子供に贈与税がかかるとききました。どうすればいいで・しょうか。
・相続財産が不動産ばかりで相続税を納税するお金がありません。申告しないでほっておくわけにはいかないでしょうか。